自然とモダンに暮らす家。「き」なりの家

2016.09.02

木組みと窓辺に和む家

大きな開口部の設計と、木組みを十分に感じられる空間が特徴。
薪ストーブに温まりながら、四季に移ろう自然の情景が日常を趣あるものにしてくれます。
竣工:2016年
設計:杉本洋
大工:向井行政

※クリックすると拡大表示されます。

トップへ戻る