自然とモダンに暮らす家。「き」なりの家

両親の居住スペースとエステサロンを盛り込んだ、子どもからお年寄りまで、家族みんなに優しい家

物語画像
メイン画像02

街に寄り添う家

設計:田中賢二

結婚当初から家づくりを考えていた

結婚当初から家づくりを考えていたほど、家への深い想いがあったご主人。結婚後早くから計画的に土地を探し、ハウスメーカー選びをしていたという。

「外観やデザイン面で、こういう家が好き、というイメージはあったんです。イメージ通りのメーカーを探していく中で、きなりの家に出会いました。ずっと家づくりが念頭にあったので、日常的にいろいろなお宅を見ては、イメージ作りの参考にしていたんです。「この家の外観がいいな」、「この家のデザインがいいな」と。きなりの家にそれを伝えたら、岡山市内で「いいな」と思っていた家が、すべてきなりの家が手掛けたものだったとわかって。もうここで頼むしかない、という流れでしたね」

きなりの家との出会いを、ご主人はそう語る。

そんなご主人の想いの一方で、奥様は最初、「家を持つ」ことへの実感が薄かったという。「私はマンション育ちで、「自分の家」に住んだ経験がなかったんです。だから、「自分の家」や「家を持つ」ことに実感がありませんでした。だからきなりの家に、『どういう家が希望ですか』と聞かれても、なにも具体的なイメージがなくて」

柱には子どもの成長を刻む、木の家ならではの醍醐味

憧れは、一緒に年を経ていける家

けれど、その問いで奥様は改めて、自分の想いを発見したという。「よくよく考えて出てきたのが、『味が出る家をお願いします』、だったんです。永く住めるというだけではなく、一緒に育って一緒に年を経ていける、そんな家がいいな、と。私には、そういう家が憧れだったんですね」

店舗と住居どちら側へも使いやすい導線

玄関からサロンと居住空間に

家を思いっきり楽しむ、遊び心が随所に

都会的デザインで生活感を払拭

両親との同居スペースとエステサロンのスペース

マンションの多い高価な市街地にあるため、幅8m奥行16mという細長い形の上、北側に道が接しているという敷地条件。そこに、奥様のご両親との同居スペース、奥様のお仕事であるエステサロンのスペース、そして車2台分の駐車スペースが欲しい。それが、施主様の家づくりへの希望だった。

「土地が細長い形なので、間取りの自由度が限られると思っていたんです。こんな間取りになるんだろうな、という予想もありましたし。でも出された案は、玄関を家の中心に置くという、予想もしなかった間取りだったんです。結局、その最初の提案をほぼそのまま採用しました。何も言うことがないくらいに、納得できるプランだったんですね」と、ご主人は言う。

「限られたスペースに、それをうまく実現して頂いたと思います。この家、実際よりずっと広く思えるんですよ。それはやっぱり、プランと設計のおかげなんでしょうね」と、奥様は言う。

床暖房を備えた大理石の床材で、高級感と寛ぎを

サロンスペースは落ち着いた色合いでまとめられ、上品な高級感が漂う。「最初に私が考えていたのは、フランスの雑貨屋さんっぽい、かわいらしい雰囲気だったんです。でもそういうのは、いずれ飽きるだろうなと思って。それで、主人ときなりの家にデザインをお任せしたんです。結果、大成功でした。落ち着いてリラックスできる、飽きのこない雰囲気はさすがだと思います」

お年寄りから子供までみんなに優しい家

風の通りがよく、夏場もほとんどエアコンが必要ない

同居しているご両親は、とくに床暖房がお気に入りなのだそう。

「やはり、快適さが違うみたいなんですね。一年を通して、エアコンを使うこともほとんどないですし、体にも健康にもいいのがありがたいです。私はアレルギーがあって、乾燥などには気を使っているんですが、床暖房は肌に優しくて、助かっています。子どもからお年寄りまで、我が家は幅広い年代が暮らしていますが、そのみんなに優しい家。それが、この家に住んでみての印象です」

大通りからの視線が気にならない窓は、明りと風が入る

奥様こだわりのミルクココア色の壁が、優しい雰囲気

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 
トップへ戻る