自然とモダンに暮らす家。「き」なりの家

家族のくつろぎとゲストのおもてなしを
大切にしたくつろぎの空間づくり

物語画像
メイン画像02

大屋根に憩う家

設計:田中賢二・亀谷典弘/大工:河田修

大屋根が普遍的な美しさと風格を演出

ご夫妻が目指していたのは、スタイリッシュな住まい。
「でも、イマドキ過ぎたり洋風テイストが強い家には抵抗があって、いつの時代にも受け入れられるどっしりとした風格のある家にしたかったんです」。

約1年をかけて、さまざまなメーカーや工務店、設計事務所を巡った末、「初めてビビッときた」というのが、きなりの家のプランだ。

「大らかな平屋建築をイメージした屋根が、住まいとガレージをつなぎ、大きくどっしりとした姿が印象的でした。私たちが言葉で伝えきれなかった部分までくみ取って表現してくれたことに感動しました。
ここなら、私たちの思いを託して間違いないと信頼できましたし、家づくりのことを教えてもらったり、私たちのイメージに合う部材や素材を一緒に探してもらったり、いつも寄り添ってもらって安心して家づくりに向き合えました」。

物語画像02

軒先を美しくデザインした内樋で、シャープな印象に

 

マージン画像02

人が集まるのびのびとしたリビングに

物語画像08

プライバシーを確保し、緑に囲まれたようなリビング

「家族はリビングダイニングで過ごす時間が圧倒的に多いので、のびのび過ごせる居心地のよい空間にしたかったんです。そして人が集まって楽しめる家にしたいと思いました」と新居像を描いていたご主人。
そんな願いを受けて、ダイナミックな大窓で開放的に、さらに庭やテラスと一体化して楽しめる空間となっている。
「LDKにつながる和室や廊下と、天井や床のデザインを統一していて、実際の広さ以上に空間のひろがりを感じます。
一方で、ダイニングは低めの天井で落ち着きを、リビングは高めの天井で開放感を演出して変化を持たせています」と、空間設計の配慮に感心するご主人。
奥様は、「どの窓からも多種多彩な植栽が見えてなごみますし、植栽が外からの目線隠しの役目も果たしてくれています。夏はたくさんのチョウチョがやってきて驚きましたが、これが自然のある暮らしなんだなと感じています」。

マージン画像08
物語画像03

素材にこだわった洗面台

物語画像04

エントランスにも豊かな緑を

物語画像05

収納が効率的な製作キッチン

物語画像06

長い廊下の演出で豊かさを

マージン画像03

自分たちの「好き」が積み重なっていく楽しさ

インテリアや意匠を見ると、あちこちに2人のセンスとこだわりが散りばめられている。
例えば存在感たっぷりの一枚板のダイニングテーブルは、きなりの家の紹介で購入したもの。3室ある子ども部屋には手描きの絵画調の壁紙を取り入れている。アンティーク調の照明は奥様がインターネットで見つけたもの、洗面台を革張り調にしたのはご主人の希望だ。
キッチンカウンターは、奥様のこだわりを具現化するために考え抜かれたオリジナル。既成のキッチンと造作家具を組み合わせ、収納力と意匠の両立を図っている。ステンレスの質感に対照的なダークな色合の背面収納も、機能的かつ美しいデザインになっている。

物語画像07

造作収納家具で緩やかに仕切られた、落ち着きのあるダイニング

マージン画像03
物語画像08

普段は空間を共にする和室は、仕切りを動かせば完全な個室に

それぞれに思いを乗せた家具やインテリアを配置しても違和感の無く、シックな雰囲気を醸すのは、室内の造作の落ち着いた色あいによるところ。床のチークの木肌の色合いに調色された柱や天井の木肌の色合いが、様々な質感を受け止めると同時に際立たせてくれる。深い色合いの木の質感は、大きく開口された窓の緑の色合いにも呼応して、より居心地のよい雰囲気を演出している。「家づくりの知識がそれほどあったわけではないし、こだわりという自覚もなくて、自分たちの〈好き〉を集めただけなんです」というご主人。
奥様は、「この建物に似合う家具やインテリアを、と思ったら、自然と上質なものを選ぶようになったのかも。設計士さんをはじめとするスタッフの皆さんも、素材探しなどを熱心にサポートしてくれたので、本当に助かりました」と振り返る。

マージン画像03

時を重ねてなお、住みやすく美しく

そして、「住んでみて改めて、動線の使いやすさを実感している」と、口をそろえるお二人。
1階に寝室とクローゼットを設けて、玄関、洗面・洗濯室へと動線がつながっている。
「キッチンからの動線もスムーズで効率がいいですね。玄関クローゼットや食品庫など収納スペースも、容量たっぷりのうえ、それぞれの空間に溶け込むデザインなので、スッキリとした印象です」と奥様が言えば、
「帰ってすぐ着替えができるし、2階をほとんど使わないので階段の上り下りがなくてラク。自分たちが年齢を重ねても安心して暮らせる家になっていますね」とご主人。

さらに、「本当にいい木材を使ってもらっているんだなということも、二人でよく話すんです」と、お二人の話は続く。
「木材に限らず、石やガレージに配した版築壁など、自然素材や職人さんの手仕事にあふれた住まいなので、経年変化で、住めば住むほど味わいの深まる家になりそうで、とても楽しみにしています」。

物語画像09

美しく収納できるキッチン背面

マージン画像07
物語画像10

個性的な模様を描く版築壁

物語画像11

AVも格納するリビング収納

物語画像12

こだわりのアンティーク照明

物語画像13

玄関からガレージを見渡す

マージン画像08