自然とモダンに暮らす家。「き」なりの家

十字型の邸宅で、
緑豊かな景観と開放感を楽しむ暮らし

物語画像
メイン画像02

翼廊のある家

設計:田中賢二/大工:中西正

最初のプランに、「こんな家に住みたい!」

 約10年前、「きなりの家」のホームページに出合った奥様。
「上質の自然素材や、豊かな緑を配して自然を身近に感じられる住まいづくりに惹きつけられました。10年来ずっとホームページを見続けて大ファンだったんです」。
 ご主人も、「ほかのビルダーを検討してみようという気にならなかったです。初めてコンセプトハウスを訪れたとき、比べものにならない温もりと落ち着きに満ちた空間に感動しました」と言う。

「さらにうれしい驚きだったのは、設計士さんの提案力と理解力です」とお二人。何となくイメージを伝えただけで、次の打ち合わせでは「こういう感じはいかがですか?」とプランが提示されたそう。

物語画像02

張り出した翼廊部分には、テラスを配して庭と一つに繋がる

 


「そのプランを見てすぐ、『こんな家に住みたい!』と思いました。間取りなど詳細な希望はほとんど話さなかったのですが、それがかえってよかったんだと思います。自分たちでは思いつかない工夫がはしばしに盛り込まれていました」。

マージン画像02

プライバシーへの配慮と、のびのびとした景観

物語画像08

南北両面に大開口の窓を配し、とにかく開放的に

 お二人が最も重視していたのはプライバシーへの配慮。
「庭がオープンになっている家もすてきですが、結局人目を気にして一日中カーテンを閉めているような生活はいやだったんです」と奥様。
「この家はRC塀を巡らせていますが、その高さが絶妙で、室内から見ての圧迫感は全くありません。リビングは南北に大きな窓があって、日中はブラインドを開け放していますが、外からの視線が気にならないうえ、ほどよく見える空や周辺の景観、敷地内の植栽に包まれて、とても居心地がいいんです」。

 また、エントランス、リビング、ダイニングキッチン、和室は間仕切りを設けて、それぞれが半独立の空間になっている。
「それぞれにいる人がすごく落ち着けるし、オープンフロアでなくても会話が交わせる設計になっているんです。なぜか、ずっと前から住んでいたみたいに違和感がないんですよ」。

マージン画像08
物語画像03

軒裏の目地兼装飾

物語画像04

玄関の石張りの壁

物語画像05

ダイニングの造作収納

物語画像06

洗面にも大きな収納を

マージン画像03

エアコンに頼らない涼しさと暖かさ

「大きな窓をダイナミックに設けるのがきなりの家の魅力の一つですが、強度はもちろん、風や光の通り道と外からの視線、敷地の形状を計算しつくしているところに感心しています」と言うのはご主人。

「南北に開口が設けられているので、風通しの心地よさは抜群。真夏に新居へ引っ越し、猛暑を新居で過ごしましたが、じっとしていればエアコンをつけなくても平気なくらいです。陽射しの取り入れ方も見事ですよ。室内の隅々まで明るいけれど、決して強い陽射しが照り付けることがないんです。1階は床暖房にしているので、きっと冬も心地よい暖かさのなかで暮らせるだろうと楽しみです」。

物語画像07

ダイニングから繋がるインナーテラスでのびのびと楽しむ食事

 マージン画像08

職人の手仕事から生まれる愛おしい空間

「職人さんの手仕事も、居心地のよさを高めてくれています」と、お二人の話は続く。
 例えば、浴室はユニットバスではなく、壁と床に石材を用いたオリジナル施工となっている。

「石材をどれにするか大変悩んだのですが、いやな顔一つせず、私たちが納得できるまで待ち続けてくれました。リビングの天井や間仕切りの建具も、既存の材料をそのまま使うのではなく細工を加えて、シンプルなデザインのなかにも表情豊かに仕上がっています。一つ一つの相談に、設計士さんも職人さんもとことん付き合ってくださったことに感謝しています」。
 旅行が大好きなお二人だが、「この家で暮らし始めて、旅行より『家にいるのが一番』と思うようになりました」と笑う。
「家族全員が大好きな我が家をずっと大切に住み続けていきたいです」。

物語画像09

石貼りの造作浴室から庭を楽しむ

マージン画像07
物語画像10

キッチンはアイランド型

物語画像11

大型車2台分のガレージ

物語画像12

モダンに仕上げた和室

物語画像13

インナーテラスで庭と一体感を

マージン画像08